たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  日野市 日野市


2010年01月30日

お酒を飲むときの注意

お酒を飲む機会が多いと、歯が溶かされ虫歯にもなりやすい。

お酒は、PHが低く酸性のものが多く、エナメル質を溶かしつづけます。

皆さんがお酒を飲んでいる最中にも歯は溶かされ、
この酸によりエナメル質が溶かされ続けた歯の病気を「酸しょく症」といいます。

そんな場合は、どうするか?
方法として
水を飲んで中和する
チーズを一緒に食べて口の中のカルシウム濃度をあげる。
よく噛んで唾液を促す。(あたりめやエイひれなんかはいいかも・・・)
寝る前には、歯を磨いてから就寝する。
などです。

飲む機会の多い皆さん注意しましょう。





  • 同じカテゴリー(おくちのこと)の記事画像
    誤嚥性肺炎
    歯のケア
    歯は残る
    かみかみセンサー
    ムーシールド
    学校歯科医研修会
    同じカテゴリー(おくちのこと)の記事
     誤嚥性肺炎 (2010-02-06 21:25)
     歯のケア (2010-01-30 02:12)
     歯は残る (2008-12-25 13:42)
     かみかみセンサー (2008-12-02 08:00)
     ムーシールド (2008-11-30 20:05)
     ガムタバコ (2008-11-26 23:07)

    Posted by 23  at 00:01 │Comments(0)おくちのこと

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    お酒を飲むときの注意
      コメント(0)